猫にまつわるPythonパッケージ

2019/06/13

こんにちは。
今回初の投稿となります、飼い猫がなかなか懐かない猫好きです(T T)
弊社には猫とPythonをこよなく愛する社員が多いようで、今回はそんな2つを掛け合わせたものはないか調べてみました!

ということで以下に記載のものはそんな猫にまつわるPythonパッケージの紹介になります。
気になった方は記載のURLより詳しいインストール方法・使い方をご確認の上、実際に動かしていただければ幸いです!

No1 "cat-fact"

URL:https://pypi.org/project/cat-fact/
おすすめ度:B+

猫に関するトリビアをランダムに表示するコマンドを追加できるパッケージです。
コマンドを叩くとターミナル上に表示されます。
たくさんのパターンがあるようで、意外とはまります。
開発中、猫について勉強したいときにいいですね....

・出力例

"Cats come back to full alertness from the sleep state faster than any other creature."
~猫はあらゆる生物の中で、最も早く睡眠状態から最大に注意力を発揮した状態に復帰する

"A cat can spend five or more hours a day grooming himself."
~猫は1日に五時間、もしくはそれ以上の時間を毛づくろいに費やすことができる

No2 "random-cat"

URL:https://pypi.org/project/random-cat/
おすすめ度:B

パス、ファイル名、フォーマットを指定し、猫画像をランダムに取得できるモジュールです。
ターミナル上から実行することもできます。
Cat API(http://thecatapi.com)を使用しているそうです。
世の中には色々なAPIがありますね。
友達と猫画像を見せ合いっこしても楽しいかもしれません...


No3 "find-my-favorite-cat"

URL:https://pypi.org/project/find-my-favorite-cat/
おすすめ度:-(開発中の為、評価なし)

Boulder Humane Society(犬・猫の保護活動に取り組む団体)のウェブサイト上にある保護猫の情報を、ユーザーのインプット(キーワード・画像)
に応じて探し出すウェブベースのアプリケーションとのことです。
未だ開発中らしいのですが、興味深いプロジェクトだと思ったので、当記事に加えました。


No4 "miao"

URL : https://pypi.org/project/miao/
おすすめ度 : C-

使い方・機能は非常に簡素です。

from miao import Meow
Meow()

上記のコードを実行すると、かわいい(のではないでしょうか)猫が出力されます。
練習のために作ったパッケージとのことです。
犬、猿、鳥など色々な動物のものを作ったら動物園のようになって楽しいかもしれません。


No5 "cats"

URL:https://pypi.org/project/cats/
おすすめ度:B

猫を出力するコマンドをターミナルに追加するパッケージです。
No4よりもはるかに凝った猫たちが登場するので、ぜひご覧ください。
"It brings more cats to your life!" の言葉通り、コマンドを打つたびにターミナルが賑やかになります...


No6 "catzzz"

URL:https://pypi.org/project/catzzz/
おすすめ度:A

こちらも猫出力系モジュールですが、結構長い時間猫が出力され続けます。
アスキーアートのクオリティは非常に高いです。猫の体の筋肉のつき方など、細部へのこだわりがにじみ出ています。
よく見るとストーリー仕立てになっているものまであって驚きです。
猫出力系パッケージでは出色の出来ではないでしょうか。
ぜひお試しください。


No7 "catnames"

URL : https://pypi.org/project/catnames/
おすすめ度:B

モジュールをインポートし、gen()関数を呼び出すと、猫の名前の候補が返されます。
どうしても飼い猫の名前が決められないエンジニアにおすすめです。
吾輩は猫状態にならないようにしましょう。

ちなみにコマンドライン版(https://pypi.org/project/catnamescli/)もありました。


・まとめ

「多分ないだろう」といった気持ちで探し始めましたが、意外にたくさん見つかりました。
実用性はかなり怪しいですが、ちょっとした話のタネになるかもしれません。
ターミナルに猫を表示させれば、一瞬猫を飼っている気分にもなれます...
皆様が、今回紹介させていただいたパッケージを少しでも面白いと思っていただけたならとても嬉しいです。


~おまけ~

HTTP Cats
URL : https://http.cat/